ETC2.0への変更は?

ETCカード導入ガイド!

ETC2.0への変更は?

ETCカードシステムを便利に利用されている方が多くなっています。

最近は通常のETCの保管育毛剤、ETC2.0というサービスが登場し、注目を集めています。

ETCカードシステムは渋滞緩和やドライバーのストレスを解消するなど非常に大きな役割を果たしましたが、今度はそこに道路を賢く利用する手段としてETC2.0が加わりました。

ETCの機能を拡張したETC2.0は、DSRC車載器を利用することで様々な情報を受け取ることができます。

ITSスポットサービスはこれに対応したもので、高速道路約1600か所にアンテナを配置しその情報を利用者に伝えることで道路情報をいち早くドライバーに伝えることができ、渋滞している箇所の回避など非常に高い利点を持つサービスとなっています。

交通状況の把握、渋滞の回避、より良いルートの検索など、ETCを利用することで料金所での支払いが楽になったほかにも、様々な情報を得ることができるようになりました。

こうした情報はドライバーにとって安心の情報ともなります。

現在はまだ、通常のETC車載器よりもETC2.0の車載器が高い樋こともあり、それほど普及が広がっていませんが、徐々に広がりを見せており、ETC2.0のサービスに関してもこの先、さらに有料道路以外にも、様々なサービス提供が見込まれていますので、将来的に見て導入を考えていく方がよりお得により楽しいドライブとなりそうです。

渋滞緩和という目的で作られたETCですが、今はさらに進化し、渋滞情報の提供、ルートの検索など、より快適な道路利用ができるようになってきています。

〜関連動画〜