ETCカードの車載器の手続きが必要なとき

ETCカード導入ガイド!

ETCカードの車載器の手続きが必要なとき

新しく車を購入し、今まで利用してきたETCの車載器を新車、また購入した車に取り付けるという場合、ETC車載器の再セットアップが必要となりますが、新たにETCカードをつくるなどの変更はありません。

このほかに車載器のセットアップが必要となるのはどのようなときかというと、車のナンバープレートが変わった場合、また車両にけん引装置を設置した場合などです。

転勤で別の地域に引越をした場合、ナンバープレートが変わるときにはそのナンバーでの車載器セットアップが必要となります。

車載器には個人情報などは入っていませんが、自動車に関する情報が登録されているため、ナンバープレートの変更があった際には登録変更の手続きが必要となります。

変更しなくても利用できないということはありませんが、ETCカード利用時の様々なサービスを受ける事が出来なくなってしまいます。

例えばどのくらい有料道路を利用したか、請求確定の前に知りたいという場合に利用できるETC利用紹介サービスなどが利用できなくなりますし、マイレージサービスを利用されている方は、マイレージサービスが利用できなくなります。

障害者の方で割引等の対象者となっていても、ナンバープレートの変更と共に手続きをしておかないと割引の利用ができなくなります。

車両情報が変更になるというと、けん引装置を付けた場合もそうですが、この場合も再セットアップが必要となります。

車両情報を変更していないと、けん引装置を付けたままETCレーンに入っても開閉バーが開かないので、必ず再セットアップを行ってください。

〜関連動画〜